結婚披露宴で親に渡す記念品はどのような物が喜ばれるのか

人生のターニングポイントであるのが結婚です、特に女性の方にとっては結婚を機に親元を離れるという場合が多いことから今までの生活が一変するということもありえます。結婚後苗字がパートナー側に変わるという女性の方が大半ですし、今までの生活が大きく変わることへの不安感からマリッジブルーに陥ってしまうという決して少なくはありませんが、結婚という新たな門出に子供を送り出すことに対して喜ばない親はいないと言えることから新郎新婦当人よりその両親の方が結婚に対して喜びを爆発させるということも少なくありません。結婚に伴い結婚披露宴を行なうという社会人の方も多いため、必然的に新郎新婦の両親も結婚式に参加するという場合が多いです。結婚式には両親のほか親戚や職場の上司、特に仲のいい友人など様々な親類縁者が呼ばれるものですが、やはり両親というのは特別な存在であり新婦から両親に向けたスピーチを行なうという項目を結婚式に組み込んでいるといった式場がほとんどです。スピーチ後感謝の気持ちを綴った手紙と共に記念品をプレゼントするというのが通例となっているのですが、大抵手紙と花束のセットがプレゼントになっていることが多いので何か特別な物を用意して両親に手渡したいと思っている新婦も多いということで知られているのです。


では結婚披露宴の際に記念品として両親に手渡し喜ばれるプレゼントとしてどのような物が挙げられるかというと、プロの似顔絵師に書いてもらった両親の似顔絵や旅行のチケットなどが特に喜ばれることで知られています。似顔絵は結婚式終了後帰宅して直ぐに家に飾れるため受けが良く、旅行のチケットは今まで子育てで大変だったかもしれないけれどこれからはのんびりしてほしいという意味合いが篭っているため、単純に旅行に行ける喜びよりも子供の成長を感じられた喜びを強く感じられると好評を得ているのです。少し変わった記念品としては新婦が生まれたときと同じ体重のぬいぐるみをプレゼントするというのもあります。自分が生まれたときと同じ体重のぬいぐるみを両親に手渡すことで成長の実感を改めてしてもらうということと、子供が家から離れて寂しい思いをしないようにと言う意味を込めてぬいぐるみをプレゼントするという方が近年増えてきているのです。結婚披露宴でのプレゼントにはこれといった決まりやルールはありません、凝った趣味を持っている両親であればその趣味の品を手渡すというのも決して悪い選択肢ではないと言えるので親が本当に喜びそうなものをプレゼント探してみるべきだと言えるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/ad/A2Zset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>